好みに応じたデザインを|ゾンビにはカラコンが常|ハロウィンの主役に
メンズ

ゾンビにはカラコンが常|ハロウィンの主役に

好みに応じたデザインを

男女

ファッションの定番

元々は視力を矯正するための器具だったメガネですが、ファッションの一環として用いられるようになってから久しくなっています。顔面に人工的な異物を取り入れることで程よいアクセントとして機能するため、目が悪いわけでもないのにあえてメガネを着用する人は数知れません。その場合、多くはレンズが入っていない伊達メガネを用います。メガネをファッションコーディネートに取り入れる場合、レンズやフレームの形状によって人に与える印象は大きく変わってきます。また着用者の顔付きや肌の色合いによって似合う似合わないといった相性があり、一般的には着用者の顔付きとは異なるタイプのフレームを選んだほうが良いとされています。例えば色黒の方は明るめのフレームを選ぶ、丸顔の方はシャープな形のレンズを選ぶといった具合です。

全体の調和が大事

レンズに関して、かつてはシンプルな丸くて大きなレンズしかありませんでした。しかし技術の発展によって現在では楕円形や四角形に近いものなど、様々なデザインを生み出せるようになりました。しかしレトロ感を醸し出す丸いレンズをあえて今使うのも定番のひとつとなっています。フレームは様々な色や太さのものがあります。色は大きく分けて暖色系と寒色系があり、印象も変わってきます。太さに関しては、フレームが太いほどメガネの存在感が増してきます。フレームがプラスチックかメタルかなど、素材によってもまた印象が変化します。しかしもっとも大事なのはトータルコーディネートです。その日の服装に応じて似合うデザインのメガネは変わってきます。これと決めたひとつのデザインにこだわるのも良いですが、多くの種類を集めて気分によって取り替えたほうがより楽しめるでしょう。